あなたのダンスは「Do?」or「Be?」

今回のタイトルは『あなたのダンスは「Do?」or「Be?」』ですが、私のレッスンを受けられている方はお分かりになられるでしょうか?

多くの方は???となるかもしれません。。。

簡単に訳すと「Do=する」、「Be=なる」です。

社交ダンス(ボールルームダンス、ソシアルダンス、競技ダンス、ダンススポーツ)の上達には、DoではなくBeが重要となります。

何かをするのではなく、自然とそうなるようにきっかけを生み出すことが大切なのです。

 

「する」 のではなく「なる」。

ロアーするのではなく、自然と下半身が緩んでいく。

ドライブするのではなく、自然と身体が押し出される。

スウィングするのではなく、自然と身体を投げ出したくなる。

ライズするのではなく、自然と浮き上がってしまう。

スウェイするのではなく、自然としなりたくなる。

クローズするのではなく、自然と寄ってくる。

ナチュラル・ターンを踊るのではなく、自然とナチュラル・ターンになってしまう。

 

もう少し説明すると、位置エネルギーを如何に効率的に運動エネルギーに変換するかということです。

位置エネルギーは不安定さの中に生まれます。

ということは、最初に良い意味でバランスを崩して位置エネルギーを生み出さなければなりません。

動きのきっかけはバランスを崩すところなのです。

バランスを保とうとし過ぎて身体を固めてしまうと、余計な力が入ってしまって、逆に動くときにバランスを崩してしまいます。

筋力を使おうとし過ぎてしまうと、アクセルとブレーキを同時に踏んだ状態となり、動きもぎくしゃくしてしまいます。

ギリギリまで余分な力を抜いて、自然にそうなってしまう不安定なバランスに身を置けるかどうかが重要です。

最初は手応えがなく戸惑ってしまうかもしれませんが、慣れてくると筋力を使わず想像以上に大きなエネルギーを生み出すことが可能となります。

自分の身体に備わっている本来のバランス力を信じてみてください。

 

こちらはご参考まで。

『重力だけで歩ける受動歩行ロボット』